津田佑介の公式ブログ

ダイニングバー、セレクトショップ経営など事業展開しています。 日々の気づきや学びを書いています。

Doから始める!まずやってみることの大切さ

こんにちは。
津田佑介です。

 

先日こんな記事を見つけました。
PDCAではなく、DCAPでやるべき「3つの仕事」

https://diamond.jp/articles/-/247269

参考:DIAMOND online

 

時代に求められるのはPDCAではなく、
DCPAであるという記事になります。

f:id:Aiuemgmy:20201012155528j:plain

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

 

DCAPへ!変化に対応する有効な方法をご紹介

DCPAは広く普及している
PDCA(Plan, Do, Check, Action)の
順番が変わったものです。
記事では以下のように書かれています。
“DCAPは、それぞれの段階で用いられる言葉はPDCAと同じだが、その順序が異なる。実行(Do)→チェック(Check)→改善(Action)→計画(Plan)と、計画より実行が先にあるのが特徴だ。”

 

DCAPでは、まずやってみることから
変化の早い分野にて有効になります。

 

「まずやってみる」を大切にして、変化の時代で先を行く!

f:id:Aiuemgmy:20201012155531j:plain

Photo by Gerd Altmann from Pixabay

 

現代の仕事は変化が早いことが多いです。
だからこそ、まずやってみることが
他との差を生み出す一つの方法だと思います。
僕自身もまずやってみることを
大切にしています。
未知のこと、わからないことには
率先してまずやってみることで
一歩成長しますし、
誰もやっていないからこそ
そこにチャンスがあると思います。

 

僕はこれからもまずやってみることを
大切にしながら日々成長していきます。

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/