津田佑介の公式ブログ

ダイニングバー、セレクトショップ経営など事業展開しています。 日々の気づきや学びを書いています。

現金よりも〇〇!?最高の仕送りで子供に、親に想いを伝えよう!

こんにちは
津田佑介です。

 

先日学生時代の友人と久しぶりに会う機会があり、
久々に昔話に花を咲かせました。

 

大学生の頃は、
勉強、サークル、バイト、ゼミ、、、
実は今と変わらないくらい目まぐるしい日々でした笑

 

さて、思い出に浸りながら、
今回はこんなニュースを取り上げてみたいと思います。

 

ウィズコロナにおける親子のコミュニケーションを支援!
『最高の仕送り2020』企画スタート

https://prtimes.jp/story/detail/8oro6dfggxk

f:id:Aiuemgmy:20201016144236p:plain

出典:PRTIMES

 

逆転の発想!?仕送りは現金ではなくモノで想いを伝える

仕送りといえば、現金をイメージしがちですが、
あえて「モノ」を送ることの価値に着目した企画が
『最高の仕送り2020』です。

 

仕送りは、大学生によっては生命線ともいえる収入源ですよね。

 

かく言う僕も大学時代に地元福井を離れ、
東京に上京したわけですが、
東京の生活費や家賃の高さには驚かされました。。。

 

結局、僕の場合はたくさんバイトをする!ことで乗り越えましたが、
仕送りがあったらどれほど余裕のある大学生活になったか。。。笑

 

子供にとっては現金が1番ありがたいかもしれませんが、
親の立場で考えると、想いが伝わる『モノ』を送るメリットは大きいですね。

 

例えば、健康面が気なるときには
地元の野菜を送ってくれたら嬉しいですね。

f:id:Aiuemgmy:20201016144502j:plain

 

モノを送ることで親子間のコミュニケーションのきっかけになる

親子のコミュニケーションのきっかけになりますね。

 

仕送りのモノを1つ1つ選んでくれた親の姿を想像すると、
普段は忙しくなかなか時間が取れない大学生でも、
心の底から感謝を伝えたくなるはずです。

f:id:Aiuemgmy:20201016144505j:plain

また、仕送りとは親から子だけなく、
子から親にもしていくものだと思います。

 

昔、経営の師匠にこんなことを言われたことがあります。
親孝行ができるのも期間限定。
 だからこそ、早く稼いでドンっと仕送りしてあげなさい

 

いつか、いつかではなくしっかりと期限を決めて、
気持ちだけではなく行動に移していくことが一番の親孝行になるはず。

 

そのためにも、お金や時間の制限から早く解放されましょう!

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/