津田佑介の公式ブログ

ダイニングバー、セレクトショップ経営など事業展開しています。 日々の気づきや学びを書いています。

SDGsをドラえもんと学ぶ!効果的な伝え方について

こんにちは
津田佑介です。

 

以前も本blogで紹介しましたが、
僕は漫画が大好きです。

 

老若男女に愛される
ドラえもんSDGsを学べる
コンテンツを朝日新聞
提供しています。

 

f:id:Aiuemgmy:20200830173726j:plain

これはクイズ形式でSDGs
中身の理解を深めていく
ものです。
(※有料コンテンツです。)

 

https://www.asahi.com/edu/doraemon/AS20200226002212.html

参照:朝日新聞DIGITAL

 

ドラえもんのかわいいイラストも多く、
とても理解がしやすいものに
なっていると思います。

 

こうしてみると難しいことも
工夫一つで伝わりやすくなるなと思いました。

 

今回は「伝える」ということについて僕が
大切にしていることをシェアします。

 

「伝わっているか」が大切。相手に届いているを意識する

僕は講演会などで人前で話す機会も
あるのですが、大事にしていることは
聞いている方に「伝わっているか」
ということです。

f:id:Aiuemgmy:20200830172739j:plain

 

理路整然としていることや
日本語が正しいことも大切です。
しかし、それだけでは伝わらないものが
たくさんありますよね。

 

僕は聞いた方が、「なるほど!」と
心の部分で納得するように
目線を合わせて、共感しながら
伝えることを大事にしています。

 

何事も意図と方法!効果的な方法を考える

朝日新聞さんの取り組みは
SDGsの内容を伝えるという
目的のために、ドラえもん
クイズといった効果的な方法を
選択されていることが分かります。

 

f:id:Aiuemgmy:20200830173303j:plain

僕も伝えたいことを届けるために、
どんな方法や言い方、あるいは
表情が効果的か、常に考えて
工夫して実践する経営者になっていきます。

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/

 

 

SDGsを宇宙から考えてみる!視点を変えて見ることの大切さ

こんにちは
津田佑介です。

 

8月になり毎日暑い日が続きますね。

 

先日はペルセウス座流星群もあり、
外出が減ったことで、普段興味がなくても
星空をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

星座や月など、宇宙に目を向けると
子供の頃わくわくしたことを
思い出します。

f:id:Aiuemgmy:20200822132239j:plain

そんな中、日本の宇宙研究機構のJAXA
SDGsに取り組んでいることを
知りました。
宇宙規模でのSDGsの取り組み
とても興味深かったので
シェアしたいと思います。

 

宇宙から物事を見つめてみる!大局的な視点の大切さ

以下のサイトに記載されているものが
JAXAの取り組みです。
実に多岐に渡る取り組みがありますね。

https://www.jaxa.jp/about/iso/sdgs/index_j.html

参照:JAXA HP

 

その中でも僕が興味を持ったのは、
宇宙からの視点で環境問題に
取り組むというものです。

f:id:Aiuemgmy:20200822133028j:plain

空の上から、大局的に物事を
見るからこそ発見できること、
気づくものがあるなと思います。

 

実はこれ、僕らの生活でも
同じなのではないでしょうか。

 

大きく考えるからこそ見えるものがある、壁にぶつかった時がチャンス

普段の仕事などでも壁に
ぶつかることがあると思います。

 

僕も困難に向かい合った時、
「自分には解決できないのでは」
と思う時があります。

 

f:id:Aiuemgmy:20200822132413j:plain

そんな時考えるのは、
自分が年間で億を稼ぐ経営者
だったらどうするか。

 

ということです。

 

会社で働く方でいうと、
自分が社長だったらどうするか
と考えることです。

 

果たして同じように悩んだりするでしょうか。
今の自分よりスピード感を持った判断、
大胆な行動をするような気がしませんか?

 

時に大局的に見ることで
課題を客観視することができ、
具体的な解決策を打ち出すことが
できると思います。

f:id:Aiuemgmy:20200822132837j:plain

 

僕も一段上の経営者を目指し、
さまざまな視点から課題解決を
していきます。

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/

会社への依存からの脱却!セルフブランディングで個の力を高めよう!

こんにちは
津田佑介です。

 

日本のサラリーマン時代は終焉に向かっている。
最近、こんな記事を目にしました。

 

https://president.jp/articles/-/37053

参照:プレジデント ONLINE

 

確かに、近年の働き方は
会社で力を付ける時代から
個人が会社を利用して
力を付けていく時代に変わっている
と感じます。

 

つまり、個の力が非常に大事になってきているのです。

 

そこで僕が大事にしてるのが
セルフブランディング』です。

f:id:Aiuemgmy:20200819104810j:plain

聞きなれない言葉かもしれませんが
非常に簡単、かつ、重要だと思うので、
今回は僕のやり方をシェアします。

 

理想の自分を明確にすること。映画の主人公は自分だ!

まずは、自分の理想像を明確に設定します。

 

まるで自分が映画の主人公で
あるかの様に自由に考えてみましょう。

 

そして、なぜそうなりたいかを
追求しましょう。

 

僕は世の中に通用する
経営者になりたく
その理由が、
楽しく仕事をしている経営者が
周りに多かったからです

 

なので僕の理想像は
ハードワーク最高と言いながら
仕事をする経営者なのです。

f:id:Aiuemgmy:20200819104814j:plain

 

自分の生い立ちをまとめる!変化のきっかけがポイント!

理想像を描いた後は
自分がどのような人生を
送ってきたのかをまとめます。

 

ここで大事なのが
変化のポイントを
明確にすることです。

 

商売とは楽しいものである。
先輩経営者のその一言が
今でも忘れられません。

 

その出来事が僕の変化のポイントです。

 

アウトプットが最大のインプット!何度も理想像を語ろう!

自分の理想像が明確になったら、
沢山アウトプットしていきましょう。

f:id:Aiuemgmy:20200819104818j:plain

なぜなら
アウトプットは最大の
インプットだからです。

 

僕自身も沢山の方に自分の
理想像を伝えることで事業の
協力者が多くなってきました。

 

セルフブランディングはこれからの
社会でより重要になると思います。

 

僕もより自分を磨いていきます。
皆さんもぜひご自身の理想像を
アウトプットしてみて下さい。

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/

 

オンラインは環境整備が大事!ストレスフリーなオンラインコミュニケーションで仕事効率UP

こんにちは
津田佑介です。

 

コロナの時代の今、
オンラインでコミュニケーションを
取る機会が増えているかと思います。

 

最近、僕も多くの場面で
オンラインコミュニケーションの
機会が増えてきたので、
上手なオンラインコミュニケーションの
ポイントをご紹介したいと思います。

 

コミュニケーションの前に環境整備!小さな拘りが大きな効果を生む!

オンラインコミュニケーション
=いつでも・どこでもできる
気軽さという利点はあります。

 

ただ一方で、声が途切れたり、
聞こえづらかったりなどで
ストレスを感じたことはありませんか。

f:id:Aiuemgmy:20200818171053j:plain

 

まずはしっかりと
環境整備をしましょう。
1つ1つは些細なことですが、
微差は大差」という言葉も
あるように、この差が
本当に大きいのです。

 

僕が拘っていることを
あげてみましたので、
チェックリストとして
使ってください。

 

・ネットワーク環境の整備
 参考:FAST.com(https://fast.com/ja/)で1Mbps以上が目安
・イヤフォンは有線ケーブルでマイク付き
・周りの騒音が少ない場所
・(長時間の場合)椅子と机を準備
・事前にカメラが映る場所を整理整頓
・TPOに合った服装

 

オンラインだとついつい
気を抜きがちな服装も本当に大事です。

 

カメラを写すとしたら、パジャマ姿で
髪の毛ボサボサな人だったら、
入ってくる言葉も入ってきませんね。笑

 

オンラインコミュニケーションをマスターして効率よく働きましょう!

オンラインもアナログも
それぞれメリット・デメリットはありますが、
場面によって適切な方法を
使い分ける『柔軟性』が大切です。

 

ダーウィンの名言に、
「生き残る種は、
最も強いものでもなく、
又最も知識の高いものでもない。
環境の変化に最も適応できる種である。」
があります。

 

f:id:Aiuemgmy:20200818171058j:plain

古い考え方、やり方に固執していないか。
新しいモノ、流行に流されていないか。

 

今も昔も『変化に柔軟な人が
結果を創っていく』だと思うと、
僕は効果的である選択をしていきます。

 

これからさらに増えていく
オンラインコミュニケーション!
しっかりとマスターして
コミュニケーションのプロになっていきましょう!

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/

 

SDGsとお笑いから学ぶ!本気で取り組む大切さ

こんにちは
津田佑介です。

 

以前本blogで取り上げた
吉本興業のSDGsの取り組みですが、
最近『SDGs-1』というイベントを
行い、人気のEXITのお二人が
優勝しました。

 

f:id:Aiuemgmy:20200810225401j:plain

 

https://www.vivi.tv/post134833/

参照:ViVi HP

 

このように、「楽しみながら学ぶ
という取り組みが素晴らしいと
思いましたし、学びがたくさんありました。

 

経営で大切なのは真剣にやるが深刻にならないこと!

EXITさんのネタを見ると、
タピオカ、バイブスなど
彼ららしいワードが
散りばめられながらも、
SDGsのポイントを抑えた
ネタとなっており、
流石プロだなと感服しました。

 

プロのお笑い芸人として
面白いものを提供しようとする
姿勢が、SDGsという
固いテーマを扱いながらも
笑いを生んだのだと思います。

f:id:Aiuemgmy:20200810225941j:plain

 

僕も経営をする上で
真剣にやるけど深刻にはならない
ということを大切に
しています。

 

SDGsも真面目に取り組むべき
課題ですが、深刻になってしまうと
取っ付きにくいものになってしまいますよね。

 

真剣に、本気でやろうとするからこそ、
より分かりやすくできないか、
ハードル低く取り組めないかなど、
常に考えるようにしています。

 

f:id:Aiuemgmy:20200810230213j:plain

 

本気でやるから楽しい!ポジティブに取り組む

よく友人や知人から
「なんでそんなに楽しそうなの?」
と聞かれることがあります。

 

これは、僕が扱っている
経営、事業に対して本気で
取り組んでいるからだと
思います。

 

同じ事業でも
「大変だ」「やらない方がいい」
と意見を言う方も
いらっしゃると思います。

 

この考え方に正解、不正解はありません。
だからこそ、僕は
よりポジティブに、
成果が出る考え方
自分自身を変えてきました。

 

f:id:Aiuemgmy:20200810230624j:plain

 

本気で取り組むからこそ出会える
楽しさがあると思います。

 

これからも何事もにも本気で向き合う
経営者であるために努力を続けます。

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/

Marvel社の経営破綻から学ぶ。経営者にとって大切なこと

こんにちは
津田佑介です。

 

皆さん映画はお好きですか?

 

今年は在宅時間が長くなった
ことから、今までよりも見る機会が
増えた方も多いのではないでしょうか。

 

特にアメコミやSFなどシリーズものが
人気のようですね。

 

f:id:Aiuemgmy:20200805231036j:plain

 

その中でも、アベンジャーズシリーズなどで
有名なMarvel社ですが、
実は1997年に経営破綻した
過去があることを
ご存じでしょうか。

 

https://diamond.jp/articles/-/244046

参照:DIAMOND ONLINE

 

今回はその復活からの学びを書きます。

経営の成長には変化が鍵!時代の流れをつかむ

Marvel社は、元来の漫画だけのモデルが
うまく回らなくなり、経営破綻を経験しました。

 

時代が常に変わるように、経営にも
変化が求められます。

 

f:id:Aiuemgmy:20200805231352j:plain

僕も今手がけている事業を
さらに成長させていくために、
SDGsにのっとった取り組みを
するなど、常に時代にあわせて
変化させていくことを大事にしています。

 

大事なのは人。経営者が持つ影響力の大きさ

海外の企業は特に如実ですが、
経営者によって会社の経営が良くも
悪くもなります。

 

Marvel社の転換期もその時の
経営者によるものが大きいと思います。

 

改めて、経営において大切なのは『人』
なのだと考えました。

 

f:id:Aiuemgmy:20200805231552j:plain

Marvel社は今やあのDisneyから買収される
ような企業になりました。

 

僕も経営者として、会社を大きくする
人間になるべく、日々研磨して
過ごしていきます。

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/

コミュニケーション力は鍛えられる!初対面から本音を引き出す3つのステップ

こんにちは
津田佑介です。

 

皆さん、最近コミュニケーションの機会が
減っていませんか。

 

まだまだコロナウィルスの影響で、
在宅勤務を強いられる社会人の方、
出社したことがない新卒の方が
たくさんいらっしゃるそうですね。

 

そこで、以前の記事の続きになりますが、
自粛明けに備えて、特に初対面の方との
コミュニケーションに絞ってお話します。

 

仲良くなることのその先に、ビジネスチャンスがある

 

コミュニケーションのゴールは
「仲良くなる」こと。
一見すると正しいですが、
ビジネスにおいては、ほんの一部に過ぎません。

 

本当に大事なことは
「相手の本音やニーズを引き出す」ことで、
価値ある提案をしていくにあると思います。

f:id:Aiuemgmy:20200802145312j:plain

ビジネスシーンでも使える!初対面から本音を引き出す3つのステップ

いろんな方と出会う中で僕が感じるのは、
ビジネスだとコミュニケーションが
機械的になったり、お互いにドライな関係で
壁を作ってしまったりする方が非常に多いです。

 

ビジネスシーンだからこそ、
もう1歩踏み込んだコミュニケーションを取るために
ぼくは以下の3つの流れを大事にしています。

 

1,アイスブレイク

いきなり本題に入らずに、まずはお互いの
見えない壁を取り除きます。
雑談力という本があるくらい、
アイスブレイクのコミュニケーションにおいて重要です。
僕の場合、初対面の方との時間の8割程度は
アイスブレイクに使うようにします。

 

2,共感の鐘を鳴らす

人は誰もが自分と似た人に
惹かれると言われています。
例えば、外国で同じ日本人に
会えたら嬉しいですよね。
性別や年齢に関係なく、
共感を意識するだけ
相手との距離がグッと縮まるはずです。

 

3、本音やニーズを訊ねる

ここまできてはじめて、
相手の本音やニーズを訊ねます。
お互いに心を開けたら状態だからこそ
「実は、、、、」と本音を
しっかりと把握することができるのです。

f:id:Aiuemgmy:20200802145353j:plain

いかがでしょうか。

 

実践できるイメージができた方も
多いのではないでしょうか。

 

僕の経営の師匠からは、
「こんな時期だからこそ、
周りと差をつくるチャンス」
だと教えてくれました。

 

どんどん実践し、コミュニケーションスキルを
アップさせて、人付き合いのプロになっていきましょう!

 

◆Family株式会社概要HPはこちら◆

http://family-family.co.jp/

◆ダイニングバーのHPはこちら◆

https://www.s-dining-bar.com/